新しい手法も出てきている現代の名刺印刷!専門家への注文方法

名刺

名刺印刷で使う紙の種類

従来の名刺は、いわゆる白地に縦の文字のシンプルなものが多いですが、最近の名刺はデザインや紙質など、自由に作成する事が可能になっています。仕事とは別にプライベートで楽しみながら作るなんて人もいますよね。そこで気になるのが、名刺印刷に使う紙の種類ではないでしょうか。まずオーソドックスなタイプの紙ですが、真っ白やアイボリーなど、色を選ぶことができます。よくある真っ白よりも、ちょっと黄色がかったアイボリーの名刺だと、印象が変わると思います。
また名刺印刷の紙ですが、最近は写真や景色などの画像を入れる人も増えています。目立たせたり、個性的な印象を持たせたい人に向いています。そんな画像つきの名刺の場合、ツルツルとしたフォト光沢紙を選ぶと良いでしょう。写真がより映えて美しくなります。さらに最近の名刺は、半透明の紙質のものもあり人気を呼んでいます。
透明フィルムで、柔らかい印象を与える名刺になりますので、女性に向いているのではないでしょうか。アート系の仕事に就いている方に、もぜひおすすめです。そして、あえて和紙のような素材の紙で名刺印刷するという手法もあります。飲食店のオーナーに向いています。少しざらっとした紙を使った名刺は、温かい印象をあたえてくれますよ。名刺作成を依頼する時に意識しておきましょう。

バランスを考えて名刺を印刷する

「名刺印刷」は、印刷業者選びがすべてと言っても過言ではありません。信頼度の高い印刷業者を選び、人を引き付ける名刺を完成させましょう。また、人の心に残る名刺を作るにはデザイン力が大切です。デザインの良し悪しもチェックしておきましょう。センスのレベルは作成例を見れば分かります。できるだけたくさんの業者の作成例を見て、くらべてみましょう。比較してみることで、どこの業者が自分好みのデザインに仕上げてくれるのかが分かります。
会社名と名前、趣味や特技、会社でどんなことを担当しているのか配置も大切なポイントです。バランスを考えて、提案しましょう。名前を強調しすぎて文字が大きくなりすぎてしまうのはNGです。名刺は小さいので、その中に大切なことを詰めこむことになります。ほど良い大きさを意識すると良いでしょう。
また、名刺の素材は紙と決まっているわけではありません。木材やプラスチック、ファブリックなどさまざまな素材があります。相手にインパクトを与えるに、ちょっと変わった素材をセレクトしましょう。ただ、大きすぎてしまうとケースに入りきらないこともあるので注意しなければなりません。ケースに入るサイズを選びましょう。

名刺印刷は業者選びが肝心

見やすい名刺をつくるのは良い印刷業者選びが肝心です。優良な印刷業者を選んで人の心に残る名刺に仕上げましょう。業者は、インターネットの口コミを見てみましょう。口コミは実際に利用した人たちの意見をチェックできます。それだけがすべてではありませんが、参考にしておくと良いでしょう。業績や会社の歴史を見ておくことも大切です。長く経営しているのはそれだけたくさんの人たちが利用している証で、信頼度の高さをものがたっています。新しい業者が良くないわけではありませんが、できるだけ長く経営している業者を選びましょう。
また、制作例をチェックしておくことも大切です。ひとつひとつ見ると、センスのレベルが分かります。ただ一社だけ見ても分からないので、できるだけたくさんの業者で見比べてみると良いでしょう。また、印刷するときたくさん情報を詰めこみ過ぎると読みづらくなってしまうので注意が必要です。文字と文字の間隔を開けると見やすさがアップします。パッと見ただけで好印象となる名刺を制作しましょう。また、柄を入れるなら会社名と名前、役職が分からなくなってしまうようなものは避けるのがベターです。大切なことをひきたてるような柄を選択しましょう。