新しい手法も出てきている現代の名刺印刷!専門家への注文方法

名刺

名刺印刷はひと目で分かるコンテンツを

名刺を見せる人

営業職の場合、顧客開拓において名刺を活用するシーンが多くあります。その際に、会社から支給された名刺をただ渡すだけで終わらせてはいないでしょうか。これは競合他社のセールスマンも大抵行っている行為です。そこで他社と差別化するために、ただ渡すためだけの名刺印刷を考えてみてはいかがでしょうか。
渡す相手は取引するか否かを決めることができる決定権者です。そのような人に向けて名刺を渡してもらうために、受付に頼むシーンを想像してみましょう。単に会社から支給された名刺を受付に渡しても、きちんと相手に伝わるかどうかは不明です。けれども名刺に何かしら重要なメッセージが書かれているとすれば、受付は自分の判断でその名刺を処分することはできなくなります。
つまり、手書きでメッセージを書き込めるスペースを作っておくことが必要となります。そこに次回何月何日の何時に再度訪問いたします、といった内容を手書きで加えておくわけです。さらに記載する内容として、取引をすることでどんなメリットがあるのか、あるいはどのような課題に対して取り組めるのかを具体的に記すことが大事です。それらをコンパクトにまとめることで、忙しいキーパーソンも瞬時にその会社が役立つものかどうかを判断してくれます。