新しい手法も出てきている現代の名刺印刷!専門家への注文方法

名刺

名刺印刷のRGBとCMYKとは

名刺入れ

名刺印刷でデータを入稿するとき、適切な色の設定を行うことは、とても重要です。これが正しくできていなければ、想像と違う仕上りなってしまうこともあります。そこで注目したいのが、RGBとCMYKの設定です。これらは、カラーモードのことであり、どちらに設定するかで、色の印象に違いが出てきます。
まずRGBですが、これはレッドのR、グリーンのG、ブルーのBを指しています。この3色は、液晶画面を構成する基本的な色です。したがって、パソコンで色を見るには適していますが、紙に印刷することを考えれば、不適切なものとなります。
一方CMYKは、シアンのC、マゼンタのM、イエローのY、ブラックの最後のKのことです。ブラックが頭文字でないのは、ブルーと同じになることを避けるためです。この4色は、印刷物で使用されるインクの色であり、名刺のデータを入稿するときも、このモードで行う必要があります。
しかしこの設定を間違えてしまい、RGBのままで入稿してしまうことがあります。そうなると、液晶画面で見たときと、実際に印刷されたものが違って見える事態が起こるのです。それを防ぐためにも、データ入稿の際は、インク用のCMYKを設定することを忘れないようにしましょう。